· 

フラワーアート・ユニット「plantica(プランティカ)」が 台湾で開催される『萬・花・筒KALEIDOSCOPE-特展-』のインスタレーション作品を提供!

 BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社で、越境ECおよびジャパニーズコンテンツの海外進出をサポートするBeeCruise株式会社(以下「BeeCruise」)は、株式会社プランティカ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:木村 貴史)が展開するフラワ ーアート・ユニット「plantica(プランティカ)」の海外展開強化に伴い、2018年よりパートナーとして、海外進出支援活動に取り組んでまいりました。

 このたび、台湾にて6月29日~9月22日まで開催される今夏注目の大型展覧会「萬・花・筒KALEIDOSCOPE-特展-」の目玉にplanticaが特別招聘展示として起用され、大型の三作品の空間インスタレーションアートを手掛けました。当展覧会では鏡部屋や真空パック押し花、全面ミラーのトンネルやアニメーション動画など、様々な空間と異素材を組み合わせ、これまでに類のない華やかな展示空間を創出しており、今回招聘された日本人アーティストはplanticaのみとなります。

 

 台湾での展開は同年4月に台湾最大手コーヒーショップチェーン「cama café(カマカフェ)」とのデザインコラボレーションに続き、その直後となる6月、第2弾として台湾最大手メディアグループ「旺旺中時」が持つ国際ショーやコンサートの導入から大型展覧会の企画を手掛ける「時芸多媒体」主催による大型イベントに参加しております。

▲   6月28日に台湾市内で行われた発表会の様子

 

 BeeCruiseは、日本企業の海外進出支援の専門組織として、日本のコンテンツや商品、エンタメを世界に拡げるため、日本企業や自治体のサポートも行っております。

 特にBEENOSグループ内の越境ECサポートを行う『転送コム』と『Buyee』の会員数や海外発送数が上位である台湾を戦略的重点エリアと位置付け、現地企業との連携や現地でのプロモーション活動を積極的に実施してまいりました。

 今後もBeeCruiseは、BEENOSグループが保有する過去10年以上のグローバルマーケティングデータやノウハウを活かし「日本の商品やサービスに対する世界中のニーズ」を発掘・分析するとともに、日本と世界をつなげるグローバルEコマースの第一人者として世界に誇るジャパニーズコンテンツ・エンタメの魅力を発信し、「日本の企業・店舗の海外進出への挑戦」をサポートしてまいります。

萬花筒KALEIDOSCOPE-特展-概要

■期 間    :2019年6月29日(土)〜9月22日(日)

■時 間    :10:00~18:00(最終入場17:00)

■場 所    :East 2AB、Wenshan Industrial Park、Huashan 1914

会場内10か所ある展示エリアのうち、3か所のインスタレーションをplanticaが手掛けた。

【展示作品】

作品名:流転夢幻花園

1000種類以上の本物の草花を使用して創られた花柄図案をビジュアル素材に、

万華鏡のトリックと映像投影の技術を用いて、世界で初めての試みとなる、

静的な観賞型の花園ではなく、

                                                           動的な体験型の花園を出現させます。

作品名:天地百花繚乱

日本で生息する100種類以上の本物の草花を押し花にして、花を永遠に色褪せないよう真空パックした888個の「The Timeless Flowers」を、6角形の鏡部屋の空中に舞い咲かせた、無限の森羅万象的な華次元を出現させます。

作品名:華花曼荼羅

「曼荼羅は、宇宙そのものである」と言われています。曼荼羅の構造は、花の咲き方、蝶々の模様、雪の結晶、受精卵の細胞分裂などさまざまな状態に見られ、まさに万華鏡の世界観とパターンは人工的ではなく、自然界の本質的な規則性だと捉えることができます。1枚1枚の花びらを最小パーツに、約200平方メートルある曼荼羅模様の空間を出現させます。