· 

BEENOSグループが台湾・東南アジア最大級のECモール「Shopee」と 戦略的業務連携 Shopeeの公式パートナーとして、日本企業の出店をサポート

BEENOS 株式会社(東京都品川区 代表取締役:直井 聖太、以下「BEENOS)の連結子会社であるBeeCruise株式会社(以下「BeeCruise」)は、台湾および東南アジア最大級のECモール「Shopeehttps://shopee.com/ )」と連携し、Shopeeの公式パートナーとして日本企業のShopee出店をサポートいたします。

 

Shopeeは、アメリカNASDAQに上場しているSea Limited.(本社:シンガポール)が展開している東南アジア最大級のECモールで、台湾・タイ・シンガポール・マレーシア・フィリピン・インドネシア・ベトナムに進出しています。月間流通総額が3年で70倍になるなど急成長しており、中でも台湾・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナムではショッピングアプリのダウンロード数No.1を獲得しております。

 

一方で、BEENOSグループは、モノ・人・情報を「日本から海外へ」、「海外から日本へ」と双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開を強みとしており、グローバルECサービスの運営、インバウンド需要を見込んだ日本独自のコンテンツ商材の企画・開発、そして世界11カ国80社以上の企業への出資を行っております。

特に、越境EC関連サービス「転送コム(https://www.tenso.com/ )」と「Buyeehttps://buyee.jp/ )」においては、両サービスあわせて2,000以上の国内ECサイトの海外販売をサポートしており、国境を越えた商取引の障壁となる「言語」「決済」「物流」の問題を解消することに加え、海外発送オペレーションやグローバルなカスタマーサポートなど独自のノウハウを培ってまいりました。また、10年以上の越境EC購買データベースの構築や機械学習など、テクノロジーを活用して海外のお客さまに便利で分かりやすく、安心してご利用いただけるサービスづくりに努めております。

 

BEENOSグループは、Shopeeへの出店サポートをメニューとして追加することで、海外販売の機会を増やし日本企業の可能性を拡げる一助となることを目指してまいります。

 

そして、引き続き海外企業との連携も視野に、海外販売における市場の拡大を図ってまいります。

連携内容

国内向けECサイトを保有する企業様は、BEENOSグループの代理購入データベースと連携することで、Shopeeともシステム連携することが可能です。

掲載する商品ページはShopeeの規則にのっとり当社グループが翻訳、適正化し、現地のお客さまからのお問い合わせも当社グループが承ります。

商品データの連携および商品ページやカスタマーサポート、海外配送の運用代行を行うことで、日本企業が特別なオペレーションを追加することなく、台湾・東南アジアの方々への販売を行うことができます。

 

当社グループでは、エヴァンゲリオンストアの台湾進出支援※を皮切りに、Shopee台湾・タイ・シンガポール・マレーシア・フィリピンへの進出支援体制を構築いたしました。当社グループのデータベースとの連携後、各国旗艦店の設置及び運用が可能となります。

 

20191011日発表プレスリリース:https://beenos.com/news-center/detail/20191011_bcr_pr 

BeeCruiseがエヴァンゲリオン公式通販サイト「EVANGELION STORE」の「Shopee」出店をサポート、『新世紀福音戰士(EVANGELION ) 官方店(STORE)1011日にサイトオープン!」

 

 Shopee旗艦店出店代行メニュー

対象国:台湾・タイ・シンガポール・マレーシア・フィリピン

支援内容:

・商品API連携

・各国Shopeeアカウント開設

・各国商品紹介多言語翻訳

・商品登録

・各国多言語カスタマーサポート代行

・各国決済代行

・各国海外配送代行

BeeCruise×Shopee 東南アジア最大のECモールShopee出店を活用した海外進出セミナー 概要

BeeCruiseは、この度の業務連携に際し、Shopee(代表取締役:冨永重人・吉田行宏、本社:東京都中央区)と合同で、「東南アジア最大のECモールShopee出店を活用した海外進出セミナー」を20191112日(火)に開催いたします。

本セミナーでは、東南アジアで存在感を発揮しているマーケットプレイス「Shopee」についての説明や、ネクストチャイナとしてその市場拡大に注目が集まるアジア各国の市場動向、日本ブランドの進出成功のポイントについて説明いたします。さらにBeeCruiseが提供している出店サポートについて、そのサポート内容や連携方法など、事例を用いてご紹介いたします。

 

【開催概要】

日程:20191112日(火)15:0017:30(受付開始 14:30

会場:BEENOS株式会社

   東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー6F

対象:企業の海外事業・マーケティング・EC担当者様

定員:30

※同業社の方は参加をお控えください。 

応募フォーム:https://forms.gle/4UBu24bGCYkTxUpPA 

 

【プログラム】

[14:30]  開場、受付開始
[15:00
15:40] (401  Shopee Japan

「東南アジア最大のマーケットプレイスShopeeの成長戦略とさらなる成長が予測されるASEAN越境ECの最新事情」
[15:50
16:30] (40分) 第2    BeeCruise株式会社
「日本企業のネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計 -出店サポート内容と連携方法について-

[16:3017:00]

質疑応答、交流時間

 

【講演者紹介】

Shopee三宅 壮

見かけが完璧東南アジアの人ながら純日本人。日本生まれ、東南アジア育ち、イギリスの大学を卒業し、中東の大学院卒。高校・大学生時代からIT企業で長期インターンを務め、アドホックでコンサルタントやVCのアドバイザーなどを経験。去年まではシンガポール政府機関で医療系ビッグデータの研究・助教授を務め、現在はShopee日本越境ECチームで日本企業の東南アジア・台湾での海外展開をサポート。

 

BeeCruise株式会社 Global Growth Hack事業部 岩本 夏鈴

大学卒業後、ITベンチャー企業に入社し、日本企業向けカスタマーサポートやSNSリスクモニタリングの海外運用事業の立ち上げなどを経験。さらに海外企業向けにもサービスを提供するため、サンフランシスコに駐在後、フィリピンにて海外セールス・マーケティングチームを立ち上げマネジメントなどを務める。現在はBeeCruiseにて日本企業の海外進出サービス事業の企画・セールスなどの統括を行っている。

【BeeCruise株式会社の概要】

BeeCruise」は、BEENOSグループの「経験値」「ネットワーク」「データの蓄積」といった3つの強みと新たな「テクノロジー」を駆使し、主に既存事業の成長を加速化させるための取り組みと新規事業の開発を行っております。 20196月よりBEENOSグループの持つグローバルマーケティングノウハウを活かしたグローバルマーケティングの専門組織を設立、日本のコンテンツや商品、エンタメを世界に拡げるため、マーケティング・プロモーション領域において日本企業や自治体のサポートを実施。さらに日本をはじめとする世界の企業と消費者をつなぐ販売パートナーとしてEC出店展開の支援を行っています。

(1)社 名 : BeeCruise株式会社 

(2)代 表 者 : 代表取締役社長 直井 聖太

(3)本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川四丁目7 35 
(4)
設 立 年 月 : 201710
(5)
資 本 金 : 100百万円    

 

【BEENOS 株式会社の概要】

(1)社 名 : BEENOS 株式会社
(2)
代 表 者 : 代表取締役社長 兼 グループCEO 直井 聖太

(3)本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川四丁目7番 35 号
(4)
設 立 年 月 : 199911
(5)
資 本 金 : 2775百万円