· 

株式会社アプレの運営するブランド品のネット販売サイト 「APRE(アプレ)」の海外EC販売を“Buyee”がサポート開始 “Buyee”が海外対応ページの生成、海外発送、多言語カスタマーサポートを担う

BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社で、越境ECをサポートする代理購入サービス「Buyee(バイイー) https://buyee.jp/」を運営するtenso株式会社(以下「tenso」)は、株式会社アプレ(本社: 東京都台東区、代表取締役:菊地温以、以下:アプレ)が運営するブランド品のネット販売サイトAPRE」(URLhttps://www.apre-gr.com/)の海外向け販売をサポートいたします。

 

APRE」は、二次流通の国際化、多様化に合わせてサービス展開を行なっております。

 

今回の連携では、ブランド品のネット販売サイト「APRE」とtensoが運営する海外向け代理購入サービス「Buyee」がシステム連携し、Buyee内に海外向けのページを開設いたします。ページ内では、日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語など計10言語から表示言語を選択することができることに加え、海外では主流のPayPalAlipay、銀聯クレジットカードといった決済方法も利用することができます。さらに、Buyeeは海外発送手続きや9言語でのお客様のお問合せサポートなどを行います。

 

Buyee内のAPRE

 

販売ページ https://shop.buyee.jp/apre-trtc

■イメージ図 販売ページ(簡体字)

■連携の背景 (「APRE」 担当者様のコメント)

以前は当社ショールームに来客されるインバウンド顧客への販売が好調でしたが、新型コロナの影響で足下のインバウンド需要が減少しています。一方で、現在でも海外顧客からのニーズは衰えず、購買意欲は旺盛。比較的好調に推移しています。

当初、海外販売の対応は自社独自で行っておりましたが、物流や商習慣の違いなどの影響を受けることもありました。できる限りリスクを低減しながらも安全に海外顧客へ商品を届けることができ、且つ出品作業も比較的簡略化されているサービスの導入を検討した結果、「Buyee」と連携することを決定いたしました。

 

英語以外の言語にも対応しているという点に加え、当社は国内販売と同じフローで商品を発送するだけなので、輸出に関する処理も軽減され、導入のメリットを感じることが出来ることを期待しています。

■Buyeeが提供する海外販売のサポート内容

◆サイト翻訳…日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語

◆多様な決済手段に対応…PaypalAlipay、銀聯クレジットカード等各種クレジットカード

◆多言語でお問い合わせサポート…海外ユーザーと国内ECサイト事業者様の仲介としてお問い合わせに日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語で対応

◆豊富な配送手段に対応…EMSSAL便・ 国際小包・船便 DHLなど

 

◆独自の保障サービス…Buyee独自の検品・配送補償を提供

「APRE」 運営会社の概要

1社名:株式会社アプレ

2代表:菊地温以

3本社所在地 :東京都台東区上野5-23-14 グリーンオーク御徒町ビル

4)創      業:19982

 

 

tenso株式会社の概要

国内ECサイトの海外販路拡大をサポートするtensoは、「転送コム」(海外転送サービス)と「Buyee(代理購入サービス)2つのサービスを展開しております。「転送コム」はECサイトの代わりに海外発送オペレーション、多言語カスタマーサポートを、「Buyee」ではそれに加えて翻訳、決済代行を行います。現在合計2200以上のサイトに導入いただいており、配送対象国は118ヶ国に上ります。海外消費者からは、配送手段、決済手段が多様であることや、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど、高いサービスレベルが評価され、会員数は230万人以上(20206月末時点)となりました。

            

    (1) 社名 tenso株式会社       

2代表者   : 代表取締役社長 直井 聖太

3)本店所在地   : 東京都品川区北品川四丁目7番35

4設立年月    : 20087

5資本金    100百万円  

 

BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社です。